胡蝶蘭を自分で持ち帰るのって、大丈夫?!

今日は、胡蝶蘭について。

胡蝶蘭は・・・気品あふれる高貴なお花。

開業、周年、就任、お供えetc  幅広いご用途でお買い求めいただいております。

胡蝶蘭商品一覧

法人のお客様向け商品一覧

 

そして胡蝶蘭は、配達・配送にてご予約を承ることが非常に多いです。

お取引先への贈り物であったり、また、サイズが大きく持ち運びにくいため、という点も理由として挙げられるかと思います。

 

大阪府豊中市内で当店より直接車で配達する際には、しっかり固定して配達しております。

また、宅急便での配送は、お花があたって傷むことがないよう丁寧に梱包し配送しています。

配送詳細

 

胡蝶蘭

(お届け商品のメールご希望の方には、写真をお撮りし画像を送信いたします(胡蝶蘭以外でも)。インターネットやお電話からも安心してご注文下さい。)

 

 

ですが、

【直接 お取引先様やお相手の方にお渡ししたい】など、ご事情により自身でお持ち帰り下さるお客様のもちろんいらっしゃいます。

そのほとんどの方が、お車でのお持ち帰りです。

 

「車で持って帰りたいのですが、大丈夫ですか・・・?」というご質問をよくちょうだいします。

 

答えは・・・「もちろん大丈夫です!」

胡蝶蘭の持ち帰り方

お車だ胡蝶蘭持ち運びの際の重さ・サイズ的なことはほとんど問題ないと思います。

ただひとつ、当店として胡蝶蘭を車に積んでいただく際に気になる点は・・・

 

「道中、お花がグラグラしないか」

「急カーブへの対応や万が一急ブレーキを踏まないといけない時、倒れてこないか」

 

ということです。

胡蝶蘭は非常に繊細なお花です。あたると折れたり傷ついたりしやすいです。

そのため、動いてあたったり倒れたりしないよう固定しなければなりません。

 

・・・ですので、当店では、固定用の箱をご用意します。

 

この箱に入れて車に載せていただくと胡蝶蘭がしっかりと固定され、もし運転時に急な対応を迫られても胡蝶蘭が傷つくことはありません!先方様まで安心して運んでいただくことが出来ます。

 

胡蝶蘭お持ち帰り時はこちらからも「箱ご入用ですか」とお声掛けさせていただきますが、事前にご予約下さる方はご予約の際に箱ご入用の旨おっしゃっていただけますとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

 

胡蝶蘭の管理法

飾った胡蝶蘭はどのように管理すれば長く楽しめるでしょうか?

置き場所・花の日持ち

室内の風通しの良い明るい場所(ただし直射日光の当たらない所・エアコンの風が直接当たらない所)がベストです。ですが室内なら比較的どんな場所でもしばらく咲いてくれます。日持ちは置く環境や品種により大きく異なりますが、1カ月~2カ月が目安です。胡蝶蘭は後ろから前へ順番に咲いてきますので、後方から花が終わってきます。しおれた輪はつまんで下さい。

胡蝶蘭

 

ラッピングの取り外し

胡蝶蘭は陶器鉢の上からペーパーとリボンでラッピングされています。ラッピングされた状態だと株元の通気性が悪く根腐れを起こしやすいので、お花のためにはすぐにラッピングを取り外してもらうのがベストです。とはいえ、せっかくキレイにラッピングされているのですぐ外すのはもったいない・・・と思われる方も多いと思います。その場合はまずはラッピングされた状態で飾り、しばらく経ったのちに取り外して下さい(10日くらいで外していただくと株への影響も少ないです)。

 

水遣り

水ゴケがカラカラに乾いたときにたっぷりと水を遣って下さい(目安:1週間前後に1回)。鉢底の受け皿に溜まるくらいの量を遣ります。受け皿にたまったお水は捨てて下さい。水を頻繁に遣りすぎると根腐れしますのでご注意ください。また、胡蝶蘭は1本ずつポットに植わったものを鉢に寄せています(3本立てなら3ポット)。それぞれの株元にしっかり水を遣って下さい(目安:1ポットにつき水150cc程度)。

胡蝶蘭

 

こんな風に1本ずつそれぞれポットに植わっています ↓

胡蝶蘭

 

 

胡蝶蘭商品は、こちらからご覧下さい ↓

 

法人様向けページもございます ↓