「男性の花贈り」 Men’s flower

男性のみなさま、こんにちは! 

「フラワーショップ花の部屋」チーフの宮下真由美です。

 

女性なら、誰しももらってうれしい「お花」・もらってみたい「花束」。

 

私の知人や、店頭に来られる女性のお客様からも・・・

 

「私もお花もらってみたいなぁ!卒業式とか以外で個人的にもらったことないんだよね」

「いつも自分で買うか贈るばっかり!私も誰かから もらいたいです」

「(店頭の花束について“これは男性からのプレゼントなんですよ”とお話すると)え~!こんな素敵なお花もらえる女性、すごく羨ましい!!」

 

etc 憧れや羨望?!の声をほんとによく伺います。

 

 

また、女性にアンケートを取ったところ、

 

男性からお花をもらうと「うれしい」「相手を見直す」「相手を好きになる」、女性にお花を贈る男性は「素敵」「おしゃれ」「一段とカッコよく見える」と感じる

 

との結果も出ています(フラワーバレンタイン推進委員会調べ)。

メンズフラワーアンケート

 

そう、女性にお花を贈ることは、とても好印象を与えるアクション!女性としてはお花自体がうれしいのはもちろん、「お花を贈ってくれる気持ち」が何よりうれしいんです♪

 

奥さまへ・彼女へ・お母さんへ・気になるあの人へ・行きつけのお店の方へetc 女性にお花を贈ろうかなっ?て思う機会は、実は結構ありますよね!

 

 

ですが、男性からはこんなお声が・・・。

 

(女性にお花をプレゼントしたいのだけど)

「花屋さんに入りにくい」

「お花を買うのがなんだか照れくさい・恥ずかしい」

「お花のことが全然わからず、どう注文していいのかわからない」

                     

女性にお花を贈ろうと思って

インターネットでものすごく色々調べてみたけど結局よくわからなかった・・・

花屋さんの前まで行ったけど入れなかった・・・

花屋さんに電話してみようと思ったけど発信ボタンを押す勇気がなかった・・・

などなど、お花を頼むのを躊躇した経験ありませんか?

 

大丈夫です!

それは、あなただけではありません♪

そういう男性の方、非常にたくさんいらっしゃるはずです。その証拠に、インターネットで検索すると、男性の花贈りを指南するページめちゃくちゃ多いです☆

 

みなさま同じような不安や悩みを抱えてらっしゃるかと思いますが・・・

花の部屋では、そのような心配はご無用です!

初めてでも、全然わからなくても、全く問題ありません!!

あなたから女性へのお花贈り全面サポートいたします。

(以下 Men’s flower と呼びます。)

 

実際花の部屋には、毎日、男性のご来店や男性からのご予約があります。奥様や彼女など女性へお花をプレゼントされるために♪

花束

 

こちらのページをご覧いただければ、ご注文~お受取り・お届けまでの流れが全てわかるようになっています。どうぞごゆっくりお読みいただき、安心してご注文下さい。また、お分かりになりにくい点などございましたら、どんな些細なことでも結構です。ご遠慮なくお電話(06-6848-1187)・またはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。いつでもご相談お伺いいたします♪

 

<目次>

How to Men’s Flower① どんな時に贈る?

 

How to Men’s Flower② どんなお花を贈る?

 

How to Men’s Flower③ どんな風に注文する?

(部分的に読まれる方は こちら↑をクリックして下さい)

 

男性からのご注文ブログは、こちらから>>>

男性からの「お客様の声」→ 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】

 

 

 

How to Men’s flower① どんな時に贈る?


男性から女性へお花を贈るのにぴったりなシーンって、実はたくさんあるんですよ♪ どんなシーンで贈りましょうか・・・?! これまで花の部屋に来られた多くのメンズのお客様から伺ったご注文やお話を元に、自信をもってご紹介します!

 

【1】Men’s flower 購入率ダントツNo.1 ! の2大シーン

やっぱり誰かにお祝いしてもらえると嬉しい「お誕生日」。大切な方に祝ってもらえたなら、それはもうウキウキです♪

ご結婚されている方ならこちらも押さえておきたいですね→「結婚記念日」。お誕生日と同じくらい、メンズの皆さまはよくお花贈られています!

 

★★★「お誕生日」と「結婚記念日」。女性にとっては、ちゃんと覚えてくれていることとプレゼントしてくれる気持ちがとてもうれしい、一年に一度ずつの大切な日です。「お花はなかなか自分では買わないから、こういう時にもらえるととっても嬉しい!」という声もよく聞きます。女性にお花を贈ったことがない、という方はまずはこの2大シーンから始められてはいかがでしょう?今や、「花の部屋Men’s flower」のスタンダードと言えるくらい、非常に多くの男性がお買い求めになるご用途です!

 

 

【2】ここぞという時、お花でキメる!

男性の「ここぞいう時」。それは「告白」ではないでしょうか?花の部屋には、お若い男性の方を中心に「告白する時に花束渡したいです」とストレートなご注文をよく頂戴します。成人の日・お相手の誕生日・クリスマスetc ロマンティックなイベント日に告白される方も多いですね♪ うまくいきますよう、お花でめいっぱい応援させていただきます! 付き合って〇カ月・〇年etc 記念日にもお花をご用意されることもあります。彼女さんがうらやましいです☆

 

そして、男性の「人生をかけたここぞという時」。それは「プロポーズ」ですよね。どんなシチュエーションで?とか、何を用意する?とか色々思いを巡らせる中に・・・お花もご一緒にいかがでしょう。女性はみんなお花が大好きなので、ここ一番という時に心強い味方になってくれること間違いなしです。普段には考えられないような大きなサプライズフラワーで、涙が出そうな感動を!なんていうのも素敵ですね。女性なら誰しも一度は「抱えきれないほどの花束が欲しい」願望アリです。その夢を叶える最大のチャンス!きっと、ご結婚後の素敵な思い出にもなります。

 

★★★ところで、告白やプロポーズで赤バラを贈られる方が非常に多いのですが、その理由をご存知ですか?実は、赤バラには本数別花言葉があるんです。本数詳細はこのあと記しますが、例えば・・・プロポーズの熱い想いを全面的にお花に託したい方は赤バラ108本:花言葉「結婚して下さい」をご用意されます。とてもメッセージ性の強い愛溢れる花束で、サプライズ性やインパクトもハンパじゃないです!当店でもこれまで幾度となく108本のご注文をいただいています。何度作っても何度見ても、やっぱりその都度感動してしまうミラクルな花束です!赤バラの花束をご検討になる方は、本数に関わらず、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。ご要望など詳しくお伺いいたします♪

 

本数別赤バラ花言葉

11本:「最愛」

12本:「私と付き合ってください」

15本:「ごめんなさい」

21本:「あなただけに尽くします」

24本:「一日中いつも思っている」

40本:「真実の愛」

99本:「永遠の愛」

101本:「これ以上ないほど愛しています」

108本:「結婚して下さい」

 

 

【3】忘れちゃいけない!イベント・行事

ついつい忘れがちなこちらのイベントたち。

 

バレンタインのお返しに「3/14 ホワイトデー」お忘れなく!ちょこっとした花束もとても喜んでもらえます。

★「母の日」お母さんは密かに待っていますよ♪ お花をくれるその気持ちが何よりうれしいはず!

★「クリスマス」特別なことはしなくても、ケーキとお花があればXmas気分ですよね!もちろん、クリスマスに告白やプロポーズなど、一大イベントを計画される男性の方も多いです。全力で応援いたします!!

 

 

【4】好感度up!お洒落メンズの花贈り

こちらのイベント知ってる男性は、ポイント高い!!女性の間でもまだ広くは知られていないイベントなので、「こんな日知ってる?」ってさらっとプレゼントしちゃうと、そりゃもうカッコイイですよね☆

 

バレンタインに男性から女性にお花を贈る「2/14 フラワーバレンタイン」。日本では、女性から男性へチョコレートを贈るのが一般的ですが、世界的には男女がお互いに愛や感謝を伝え合う日とされていて、メッセージと共に男性から女性へお花を贈ることが最もポピュラーになんですよ。

男性から女性に感謝の気持ちを込めてミモザをプレゼントする「3/8 ミモザの日」。イタリア発祥の習慣で、ここ数年日本でも広まりつつあるイベントです♪ 鮮やかな黄色が印象的なミモザ、プレゼントしませんか?!女性にとっては、毛糸のようなモコモコ感も嬉しいお花です。

フランス発祥の習慣で、愛する人やお世話になっている人に贈る「5/1 すずらんの日」。もらった方には「幸運が訪れる」と言われていて、女性はハッピーなおまじないが大好きです。鈴なりの白い小花・甘い香りも、女性の心を捉えます!

 

 

【5】奥様に、愛を!感謝を!「ごめん」の時にも!

奥様といつまでも仲睦まじく・・・。お花が良き助っ人になってくれること間違いなしです!

 

「1=I=アイ」「31=サイ」で、「1/31 愛妻の日」。さりげなく奥様に感謝を伝えるのにピッタリな日です!愛妻家の方も、この日をきっかけに愛妻家になる方も!?是非どうぞ、お花と共に。

「11=イイ」「22=フウフ」で、「11/22 いい夫婦の日」。こちらも、普段伝えそびれてる気持ちを伝えられるチャンスの日ですね!可愛い花束をお家に持って帰りませんか?奥様の笑顔が待っています♪

謝っておこう・・・ってときは、言葉にお花を添えて。お花には場を和らげてくれるパワーがあります!

 

 

【メッセージカード】

お花と一緒にさりげなく気持ちを伝えるアイテムとして、当店ではメッセージカードをご用意しています。プレゼントにちょこっとメッセージが添えられていると、ほんとに嬉しいんですよね♪ ご来店の際にお書きいただくか、カードを持ち帰りのちほど書いていただいても構いません。また、お電話注文でお届けの場合などは、内容をお伝え下さればこちらで代筆致します!

 目次に戻る

 

 

How to Men’s flower② どんなお花を贈る?

【 Men’s flowerの定番は、「花束・アレンジメント」(切花)

なぜ?

→ 切花はいつも種類や色が豊富で、しかも一番華やか!フレッシュ感あふれるプレゼントです☆

 

じゃあ「花束」

それとも「アレンジメント」? 

その違いは?!

 

「花束」

渡された時の華やかさは、花束がダントツ一番です!また、同じご予算ですと、アレンジメントより豪華になります(お花を活ける花瓶・器などが必要です)。お家に花瓶をお持ちの場合や、お花を普段からお世話する習慣のある女性へのギフトにもおすすめ!

ボリュームのある「丈の長い花束タイプ」か、短めに可愛らしく仕上げた「ブーケタイプ」をご選択下さい。ブーケタイプは丈が短いので、お家に花瓶がなくても食器や容器などに飾っていただくこともできます。

花束・ブーケはこちらから

 

 

「アレンジメント」

花器(バスケットやコンポート)に水を吸わせたスポンジをセットし、そこにお花を挿しています。花瓶が必要なくそのまま飾っていただくことができて、お手入れは花器にお水を足すだけなのでお手軽です。お忙しい方や、普段お花に馴染みがないかもしれない方にも、気兼ねせず贈っていただけます!

アレンジメントはこちらから

 

 

【お花選び】

ここからお花選びのポイントをお伝えしますが、「まったくわからないのでお任せしたい」という方は、その旨をお伝え下さい!こちらで綺麗にお作りします。

 

色

お花の種類

女性に一番人気は、やはり「バラbara。豪華さを象徴する王道flowerで、バラってやっぱり女性の憧れです。

1年を通じて、色数豊富の取り揃えています。バラは、ドライフラワーにもなるので(逆さにして半日陰の風通しの良いところに吊るす)、思い出として残していただくこともできます◎

こちらに、バラの花束サンプルを掲載しております。是非、贈り物のご参考に!(バラの本数やお色は、季節や入荷状況により多少異なります。予めご了承下さい。)

また、こちらに掲載していないご予算の花束やお色の組み合わせも承ります。お気軽にお申し出下さい。(バラ中心の花束は、¥3000~が目安となります)

※ミニバラ:小輪タイプのバラが枝分かれになって、1本に3~5輪ついています(スプレーバラ、とも言います)。

上記の花束・ブーケのネット決済はこちらから

 

※お誕生日の数だけ、記念日の本数分etc バラ花束の本数指定も承ります。バラのお色にご希望がございます場合は、必ず事前にご予約下さい。

 

 

その他、可愛らしい「ガーベラ」「カーネーション」ボリューミーな「ユリ」なども定番です。

これらのお花に「カスミソウ」をプラスすれば、さらに素敵な仕上がりに!

また、季節感のあるお花を、とお考えの方は、こちらをご参照下さい。

 

 

色

お花の色・イメージ

一番ポピュラーなのが、可愛らしい「ピンク系」

その他には、

元気なイメージの「イエローオレンジ系」

いろんな色を用いてカラフルな「色ミックス」などが人気です。

また、贈られる女性のお好みの色をご存じの場合は、スタッフにお伝えいただければ可能な範囲でご用意致します。

(「レッド系」「パープル系」「ホワイト・グリーン系」など)

「何色にしようかなぁ」て迷ったときは、お相手の女性のファッションや小物で身に着けられている色系がおすすめ!女性は特に、自分の好みの色を身に着ける傾向がありますよ♪

 

また、イメージでお伝え下さってももちろん大丈夫です!「優しい感じ」「元気が出そうな感じ」「シックな感じ」「大人っぽい感じ」etc イメージに合わせたお花選びやアレンジをさせていただきます♪

 

 

【花束・アレンジメント以外にもあります】

「プリザーブドフラワー」:管理要らずで長く飾っていただけます。→こちらから

「胡蝶蘭」:気品があり、切花より長持ちします。→こちらから

 

左端タテ長バナーの「用途で選ぶ」の 誕生日 記念日 もご参照ください。

 

目次に戻る

 

 

How to Men’s flower③ どんな風に注文する?

ご注文は、ご来店・お電話・インターネットにて承ります。

「ご来店」か「お電話」 06-6848-1187がおすすめです!

(お花を作っている間「待つのが面倒」「恥ずかしい」という方は、是非お電話でご予約を!)

ご注文の際は、以下のことをお伺いします。お分かりになる範囲で結構ですので事前にご準備願います。(スタッフがご相談にも応じますので、どんなことでもお気軽にお尋ねください。)


1. お持ち帰り or お届け

2. 1のご希望日時(お届けの場合はお届け先のお名前・ご住所・お電話番号)

3. 商品ジャンル(「花束」「アレンジメント」「プリザーブドフラワー」など)

4. ご用途(「お誕生日」「記念日」など)

5. お花の種類・色・イメージなど

6. メッセージカードの要・不要

7. お持ち帰りの場合で、渡されるまで外から中身が見えない方がよろしければ、その旨お気軽にお申し出ください。袋や包装方法でご対応いたします。(完全に隠しきれない場合もございますので、予めご了承ください。)


長い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました。このMen’s flowerページが、あなた様のお花贈りのお役に立てれば幸いです。ご来店・ご予約を心よりお待ちしております。

 花の部屋スタッフ一同

バラ 花束 還暦

 

目次に戻る