切り花で長持ちするお花の種類を教えて下さい。

せっかくプレゼントしたりお家に飾るなら、長持ちする(日持ちの良い)お花をチョイスしたいですよね。お花屋さんによく並ぶお花の中から、いくつか代表的な種類をご紹介します。

 

【一年じゅう出回っているお花で長持ちするもの】

カーネーション:ゆっくりと咲き、咲いてからもよく日持ちします。小輪が枝分かれになって咲くスプレーカーネーションは、順番に咲いてくるのでより長持ちします。

 

ガーベラ:咲いた状態で市場から入荷します。その状態で長持ちします。

 

ユリ:1本に花が数輪ついており、下から上へ順番にゆっくりと咲いていきます。

 

洋ラン:胡蝶蘭やシンビジューム・オンシジュームやデンファレなど様々な種類があります(写真はデンファレ)。どの種類もよく日持ちします。

 

菊系:菊も多種多様な品種があります。どの品種も長持ちします。特に夏場は茎がぬめりやすいので、手でこするようにしてこまめに洗い流して下さい。

 

アルストロメリア:葉は黄色くなりやすい(傷みやすい)ですが、花はよく持ちます。葉が黄色くなったら、取り除いて下さい。小さなつぼみも咲いてきます。

 

 

【初夏~秋に出回っているもの】

ヒマワリ:暑い時期でも日持ちがしやすいお花です。茎がぬめりやすいので、手でこするようにしてこまめに洗い流して下さい。

 

アンスリューム:熱帯性植物で夏でも長持ちします。茎がぬめったり水が濁ったりすることもほとんどありません。

 

 

【初冬~春に出回っているもの】

ラナンキュラス:幾重にも重なる花びらが少しずつ開いていく様子を、じっくり楽しんでいただけます。

 

マーガレット:あまり硬すぎるつぼみは咲きませんが、ふくらみかけているつぼみは咲くことが多いです。少しずつの変化を長く楽しむことができます。

 

 

お花のお手入れ次第でより長持ちします。長持ちさせる方法はこちらから↓

花束・アレンジメントを長持ちさせる方法を教えて下さい。

 

お花がしおれてきても初期の段階ならシャキッと復活します。対処法はこちらから↓

切花がしおれてきた時の対処法を教えて下さい。

 

花束やアレンジメントをプレゼントしたりもらった際の、日持ちの目安はこちら↓

花束・アレンジメントは渡してから何日くらい日持ちしますか?

 

その他の質問

配送について

お支払について

ご予約について

商品やお花の手入れについて

商品受け取りについて

メッセージカード・立て札について

花贈りのマナーについて